こすもさんアイアンマンへの道

31歳からのトライアスロン挑戦ブログ

2017宮崎シーガイアトライアスロン当日編2

前回の続きです。

 

まずはスプリントグループが最初にスイムスタートし、自分の40以下エイジがスタート地点へ集まる。

とりあえずバトル的な展開は避けたいので、最後方で待機しスイムスタート。

今回はコースロープ沿いをひたすらに泳ぐ事にしていた。

やはり練習の成果もあって去年に比べると追い抜かれる事も少なくなってましたね。逆に追い抜く事も何回かあり、スイムタイムに期待しつつスイムアップ

f:id:cosmosan:20170711193034j:image

なんかガーミンだと3km泳いだ事になってる笑

で、トランジションエリアへダッシュしバイクパートへ。

着替えながらもう一本スーパーヴァームを補給しバイクに跨る。

しかし時間になると晴れになっていて、凄まじい暑さに…

バイクパートではケイデンスを100から110辺りに固定しひたすら漕ぐ。

コースは基本的にフラットなので、ギアはほぼ固定ですがアウターギアで回すと心拍数が簡単に180をオーバーしてしまう為、フロントインナーにする事が多かったですね。

この辺はインターバルトレーニングなどで回せるギアをもう1段位上げられるようにしたいところ。

f:id:cosmosan:20170711194653j:image

バイクパートは1時間19分と去年に比べると7分程の短縮、平均速度30.1km/hとまずまずの結果かなと。

因みに私を追い抜いていった選手の殆どがTTorDHバー装着車だったので、来年はDHバーだけでも取り付けようかと思ってます。

 

そして最後のランパートはとにかくキツかった。何しろバイクパートで平均心拍数が170だったので身体的疲労はそうでもなかったものの、息が苦しい。

しかしガーミンでの計測でスイム40分、バイク1時間19分だったのでトランジションタイムを考慮すると、恐らくランパートでキロ5分から5分30秒位で走らないと3時間は切れないんじゃないか…という感覚はありました。

幸いラン2周目から不思議とペースが上がってきたので、そのままペースを落とさずフィニッシュ!

 f:id:cosmosan:20170711230537j:image

 f:id:cosmosan:20170711230548j:image

ガーミンを見ると大体キロ5分40秒前後ですね。

もう少し頑張りたかったところですが、後は来年の宮崎への課題とします。

 

気になるフィニッシュタイムは2時間58分

目標としていた3時間はとりあえず切りましたが、まだまだ通過点です。

来年の目標は2時間30分を目標とします。

かなりきつい目標を設定しますが、目標がなければ面白くありませんからね!

今年はあと8月の京都に出場予定…

1ヶ月程時間が有りますので、京都も3時間切れるようにトレーニングしていきます。

 

トレーニングと大会でログを取ったのはガーミンの235jです。

手首で心拍数を計測出来るので、簡単にサイクルコンピューターと連携する事も可能

私はこれとキャットアイサイコンのステルスエボプラスをant+で連携させてます。

 

 

 

後はスタート前の強い味方スーパーヴァームゼリーもおすすめ

 

スーパーヴァームゼリー 240g×6個

スーパーヴァームゼリー 240g×6個

 

 

 レース後は早いリカバリーにアミノバイタルを使用してます。

こちらは日頃のトレーニングでも飲んでますが、筋トレ前なんかに飲むと集中力が

続いて結構追い込めるようになります。

アミノバイタル GOLD 30本入箱

アミノバイタル GOLD 30本入箱